メスを入れる方法とメスを入れない方法について解説

サイトメニュー

理想の目もと実現のために

眼

一重まぶたの悩みをクリニックで解消する

人の見た目の特徴の中で、その人物の印象を決定づける最も重要な部分のひとつが目です。ことわざでも「目は口ほどに物を言う」というように、私たちにとって目は重要なコミュニケーションのツールでもあります。そんな目ですが、日本人を含む東洋人の間では西洋人と比較して一重のまぶたが多いのが特徴です。一重まぶたは二重の場合に比べてどうしても目が小さく見え、相手に暗い印象や冷たい感じを与えてしまいがちになります。そのため男性女性の別にかかわらず、多くの人が自分の目にコンプレックスを抱いています。そのような一重まぶたを二重に変えるために、あまり費用のかからない手軽な方法として知られているのがメイクです。ただし、それなりに手間がかかる一方でメイクにはあくまで一時的な効果しかなく、根本的な解決法にはなりません。それに対して、ある程度の費用をかけることで長期的な効果が得られるのが美容整形です。自然な仕上がりも人気の理由で、美容整形は現在では広く利用されるようになっています。

初めて美容整形を利用する人にとって、不安を感じてしまいがちなのは当然です。そこで、まず知っておきたいのが二重整形の仕組みです。その方法には、大きく分けると埋没法と切開法の2つがあります。埋没法はいわゆるプチ整形ともいわれ、メスを入れることなく医療用の糸で留めることで二重を形成します。これに対して、切開法は文字通り皮膚を切り開いて行う手術です。つまり一口に美容整形といっても、時間も費用も比較的少なくて済む方法から本格的な医療を施すものまでがあるのです。それぞれの二重整形には一長一短があり、一概に優劣をつけられるものではありません。そのため医師としっかりと話し合いをして、納得の上で利用することが大切です。わからないことや不安な点についてはきちんと説明を受け、全体的な費用やデメリットについても知っておくべきでしょう。明確な説明が得られなかったり施術を急かされるような場合には、クリニックを変更する勇気も必要です。理想の二重の実現のために何よりも気をつけたいのは、信頼できる医師とクリニックを選ぶことです。