メスを入れる方法とメスを入れない方法について解説

サイトメニュー

埋没法への向き不向き

注射器

埋没法に適さない目の特徴

需要が高いと言われるプチ整形の二重埋没法ですが、実は、向いている人と向いていない人がいるのです。それを知らずに施術を受け、思ったほどの効果を得られなかったり、すぐに取れてしまったという失敗談も数多く報告されています。そこで、埋没法に向かない目にはどういった特徴があるか、ということについて解説していくことにします。向いていない目元の特徴は、腫れぼったい目元のタイプです。目元が腫れぼったい場合、まぶたに脂肪が付いている状態であるため、そこに二重埋没法の施術をしたとしても、目の腫れぼったさが解消されるわけではありません。そこで、腫れぼったい目元のタイプの人は、二重埋没法だけではなく、多少まぶたを切開して脂肪を取り除く整形手術が必要になります。そのため、埋没法に加えて脱脂をする整形が必要になることから、費用は通常よりも高くなります。おそらく、埋没だけでは満足の行く施術は受けることができないことから、多少費用がかかったとしても脱脂をする必要があります。

埋没法の特徴というのは、実はとてもシンプルな施術です。施術方法には2種類あり、どちらを採用するかは美容整形外科クリニックによってそれぞれ異なっているのです。1つ目に、瞼板法という埋没法があります。これは、瞼板と瞼を輪っか状の糸で結びつけることで、二重を作り出すことができる方法です。これは広く美容外科で用いられている方法で、安全性が高いと評価されています。2つ目には、挙筋法という施術方法です。挙筋法の場合、瞼とその筋肉を糸で結びつけるタイプの施術方法です。ただ、この挙筋法には取れやすく、将来的に眼瞼下垂になりやすいとされていることから、現在ではこの方法を採用する美容外科クリニックは限定的となっているのです。埋没法は費用が安く、片方に付き5万円程度なので、最大でも10万円とお手軽なプチ整形になっています。腫れぼったい二重という目の特徴さえなければ、二重埋没法は費用が安く、短時間で施術を受けられるというメリットの多いプチ整形となっていると言えるのです。